スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

家で有名店の焼鳥を再現してみる

こんにちは。
今日は柴犬イーグルの話でも燻製でもなく焼鳥です。

私の住んでいる福岡には「とりかわ粋恭(すいきょう)」という鶏皮の有名な焼き鳥屋があるのですが、
最近(ここ2年くらい)は全国ネットのテレビにも露出するようになり開店と同時に満席、逆に閉店間際の時間帯を
狙うと今度はとり皮が売り切れという事態で地元の人ですらなかなか食べれない焼鳥となってしまっています。

私は幼いころ近くに住んでいたということもあり「とりかわ粋恭」の前身である「権兵衛」の頃からずっと食べ続けて
きたのですが、なんだかんだでもう一年くらい食べれていません>_< 当然、通販とかでも手に入りません。

そこで思ったのが、自分で作れないのか?
「とりかわ粋恭」の鶏皮はいわゆる普通の焼き鳥屋の鶏皮とは違い、ぎっしりと鶏皮が串に刺さっており
何度も焼きを繰り返し油を落とし味を染み込ませたものです。

まず以下の「屋台横丁」という焼き台を購入。


続けて以下の楽天ショップで鶏皮を2kg購入。ついでに既に串刺しになっている豚バラや砂ズリも購入。
送料がいくら買っても1200円かかるというのが多少痛いです。
グルメショップすみよし

まずは串刺し。出来るだけ肉の密度を高め押し込んでいきます。こりゃ大変です。
嫁と二人で1kgを仕込むのに2時間程度かかりました。しかも1kgで出来るのは25本程度です。
そう考えると「とりかわ粋恭」の鳥皮が確か1本130円くらいだったので手間を考えると安いかもです。
2014-05-04 170917

次にタレに浸けながら焼きを繰り返します。これで相当な量の脂が落ちて大きさは半分以下となります。
今回の調合タレは、醤油、酒、みりん、塩、砂糖、味の素(けっこう大量)、蜂蜜 などです。
2014-05-04 174453

この程度まで焼いたらいったん寝かせます。粋恭の鶏皮をご存知の方は分かるかと思うのですが、
けっこう近い形になっていると思いませんか?
2014-05-04 190603

これで仕込みはほぼ完了。あとは食べるときに5分ほどあぶっていただきます。
2014-05-04 212004

さて肝心な味のほうですが、うん、かなり近い味を出せています。
外はカリカリで中はジューシー。タレの味も変な甘ダレの味ではなくあの独特な大人の味を出せていると思います。
総合的に判断してこれは手作りする価値ありです。もちろん食べにいっていつでも席に座れるのなら自作する手間を
考えれば値段的にも粋恭に行って食べたほうが良ですが・・・

ということで意外に自作できる有名店の焼鳥でした。
次回はたまに自作するラーメン二郎でものせるとします。いわゆる家二郎です。

ではでは

検索キー
とり皮、鳥皮、鶏皮、とりかわ、粋恭、酔狂、すいきょう、やきとり、焼き鳥、焼鳥、福岡、通販、通信販売
2014-05-07 16:35 : 燻製 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

2014年3月3日のひな祭り生まれの柴犬(しばけん)の女の子です。2014年4月28日から我が家にやってきました。いわゆる豆柴よりは少し大きくなるかもです。その他、管理人の趣味である燻製、釣りなどをアップ予定です。

柴犬イーグル

Author:柴犬イーグル
我が家のペット柴犬イーグルの紹介。

楽天市場

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。